地盤環境エンジニアリング株式会社
ホーム 原位置探査 原位置浄化 事業者の方へ土壌・地下水汚染調査 浄化対策会社概要 技術情報

浄化対策

  • 土壌・地下水汚染の調査から浄化対策までトータルサポートすることにより、サイトの汚染状況に応じた最適な対策方法を提案します。

    土壌掘削除去

    土壌掘削除去
    • 汚染物質を土壌ごと掘削除去する技術です。掘削した汚染土壌は、敷地内または場外で浄化して埋め戻す方法や、汚染土壌を廃棄処分して清浄な土壌を埋め戻す方法があります。
    • 費用は高いですが、浄化期間は短いことから、土地取引など浄化までの期限が短い場合に適しています。






    オゾンマイクロバブル(OMB)スパージング

    OMB
    • トリクロロエチレンやベンゼンなどの揮発性有機化合物による地下水汚染を対象とした浄化工法です。
    • 汚染源から揚水した地下水をオゾンの酸化力で浄化します。浄化した地下水に、さらにOMBを含ませた状態で地盤に注入し、地中の汚染物質の分解も促します。






    土壌ガス吸引

    土壌ガス吸引装置
    • 揮発性有機化合物や、ガソリンなど揮発性の高い油により汚染された土壌中に含まれるガスを、ブロワーや真空ポンプで吸引する技術です。吸引したガスは活性炭で吸着処理したり、燃焼装置で処理したりします。









    エアスパージング

    エアスパージング
    • トリクロロエチレンやベンゼンなどの揮発性有機化合物による地下水汚染を対象とした浄化工法です。
    • 汚染地下水に空気を吹き込み、揮発性の汚染物質を揮発させ、そのガスを土壌ガス吸引で回収する技術です。 比較的高濃度の汚染地下水で、透水性がよい場合に採用します。
    • 汚染源付近で適用する際は、設計・施工を慎重に行わないと、汚染を拡散させる可能性もあるので注意が必要です。





    地下水揚水

    曝気装置
    • 地下水を揚水し、対象物質を地下水とともに回収する技術です。
    • 浄化目標に達するまで、相当長期間を要するため、地下水揚水のみで対策をおこなうことは少なくなりました。
    • 汚染物質の原液が確認されるような、高濃度汚染原での応急対策や、地下水が敷地の外へ拡散することを防止するバリア井戸として適用します。
    • 揚水した地下水は曝気装置や活性炭で汚染物質を除去して放流します。










  • Copyright © 地盤環境エンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.