地盤環境エンジニアリング株式会社 地盤環境エンジニアリング株式会社
土壌・地下水汚染に対して調査から浄化対策まで一貫してサポートします

TOP>対策工事
TOP
会社概要
汚染調査
対策工事
油汚染の調査・対策
新藤静夫の地下水コラム
技術情報
お問い合わせ
対策工事
土壌・地下水汚染の調査から浄化対策までトータルサポートすることにより、サイトの汚染状況に応じた最適な対策方法を提案します。
汚染対策は「応急対策」と「恒久対策」にわかれます。また、これらは土壌汚染対策法で定義される「汚染の除去等の措置」に該当します。なお、恒久対策で最も望ましいのは汚染物質を完全に除去する”浄化”であるが、周辺環境・コスト・リスク等を考慮して、汚染物質が将来にわたり人の健康や環境に影響を与えないようにする対策方法を選定することもあります。
応急対策 汚染による影響拡大を防止するため、早急に行う対策。
また、早急に恒久対策を実施できない場合に行う対策。
例: 人による摂取防止対策(立ち入り禁止柵の設置等)
汚染拡散防止対策(アスファルト舗装等による雨水の遮断、遮水壁の設置等)
モニタリング
恒久対策 1. 汚染物質を完全に除去することを目的とした”浄化”対策。
例: 原位置浄化、掘削除去など
2. 汚染物質が将来にわたり人の健康や環境に影響を与えないようにすることを目的とした対策。
例: 不溶化、封じ込めなど
効率の良い浄化を実施するために
隠居のブログ「風吼」 対象物質の特性(物理的・化学的性状)を把握した上で、汚染物質の3次元的な分布状況や地質や地下水などの自然的条件をよく調査して、適切な浄化工法を選定することが重要です。
浄化工法の詳細ページへ

Copyright(C) 2006-2016 地盤環境エンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.