地盤環境エンジニアリング株式会社 地盤環境エンジニアリング株式会社
土壌・地下水汚染に対して調査から浄化対策まで一貫してサポートします

TOP対策工事>浄化工法
TOP
会社概要
汚染調査
対策工事
油汚染の調査・対策
新藤静夫の地下水コラム
技術情報
お問い合わせ
隠居のブログ「風吼」
浄化工法
汚染物質の種類、汚染の程度、汚染されているのが土か水かなどの条件により最適な浄化工法は異なります。当社では、サイトの条件に応じた浄化工法を提案します。
以下に当社で実施した浄化対策の一例を示します。
オゾンマイクロバブル(OMB)スパージング
浄化対象は地下水です
汚染源から揚水した地下水をオゾンの酸化力で浄化します。浄化した地下水に、さらにOMBを含ませた状態で地盤に注入し、地中の汚染物質の分解も促します。VOCと油両方の汚染に適用できます。
左の写真は、オゾン発生器・地下水浄化槽・OMB含有水の注入装置です。

土壌掘削除去
土壌掘削除去 浄化対象は土壌です
汚染物質を土壌ごと掘削除去する技術です。掘削した汚染土壌は、敷地内または場外で浄化して埋め戻す方法や、汚染土壌を廃棄処分して清浄な土壌を埋め戻す方法があります。

土壌ガス吸引
土壌ガス吸引装置 浄化対象は不飽和帯の土壌です
揮発性有機化合物や、ガソリンなど揮発性の高い油により汚染された土壌中に含まれるガスを、ブロワーや真空ポンプで吸引する技術です。吸引したガスは活性炭で吸着処理したり、燃焼装置で処理したりします。
左の写真は、土壌ガスを吸引するためのブロワと、吸引したガスから水分を取り除く装置です。

地下水揚水
地下水処理装置(液相吸着活性炭) 浄化対象は地下水です
地下水を揚水し、対象物質を地下水とともに回収する技術です。揚水によって汚染された地下水が拡散することを防止するバリア井戸としての効果を期待することもできます。
左の写真は、揚水した地下水に含まれる揮発性有機化合物を活性炭で吸着処理する装置です。

バイオレメディエーション
ジオプローブによるORC(除放性酸素供給剤)注入状況 浄化対象は地下水です
土壌中に元々存在する微生物が化学物質を分解する能力を利用して、汚染物質を分解・無害化する技術です。
左の写真は、微生物を活性化するためのORCと呼ばれる酸素供給剤を地中に注入している作業です。
対策工事へ戻る

Copyright(C) 2006-2016 地盤環境エンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.