地盤環境エンジニアリング株式会社 地盤環境エンジニアリング株式会社
土壌・地下水汚染に対して調査から浄化対策まで一貫してサポートします

TOP>油汚染の調査・対策
TOP
会社概要
汚染調査
対策工事
油汚染の調査・対策
新藤静夫の地下水コラム
技術情報
お問い合わせ
隠居のブログ「風吼」
油汚染の調査・対策
油汚染対策ガイドライン(2006年3月環境省)の発行や、地下タンクからの漏油の顕在化など、油による土壌・地下水汚染への関心が高まっています。油汚染の形態はその油種により様々であり、調査・対策方法も油種により異なります。
当社ではガイドラインの発行以前から多くの油汚染に対応してきた豊富な経験と技術により、調査から浄化対策、行政への対応までお客様をトータルにサポートします。
油汚染の特徴
油は数多くの炭化水素からなる混合物で、油種により揮発性・比重・粘性に大きな違いがあります(右の図)。 石油製品の沸点範囲と炭素数
油に含まれる物質のうち、土壌・地下水に関する環境基準等が設けられているのはベンゼンと鉛のみですが、これらの物質が検出されるかどうかにかかわらず、油臭や油膜の発生により、生活環境や土地利用に影響を及ぼすことがあります。
また、軽油や灯油にはベンゼンがほとんど含まれていないことから、ベンゼンや鉛を調べるだけでは油汚染を見過ごす可能性があります。
油汚染調査の詳細ページへ
油の浄化対策の詳細ページへ

Copyright(C) 2006-2016 地盤環境エンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.